薬学と私

第69回薬剤師の世界に新しい記録が誕生

有限会社ヒルマ薬局 取締役 
比留間 康二郎 先生
世界最高齢薬剤師
比留間 榮子 先生

薬剤師の世界に新しい記録が

2018年11月23日に日本の薬剤師に一つの記録が生まれました。
世界最高齢現役薬剤師としてギネス記録に認定されたのです。
95歳と17日。
1人の女性がその記録を作り出しました。
月曜から土曜日まで朝9時から夜の7時まで毎日休むことなく
働き続けた一人の薬剤師の記録です。

比留間榮子という人物

~本人より~

201903hiruma_01.jpgのサムネイル画像

なんだかんだで95歳になってしまいました。
薬剤師になって74年。
まさかこんなに長く薬剤師人生を送るとは思ってもみませんでした。
ずっと前だけ見て毎日を過ごしてきました。
薬剤師冥利に尽きる人生だったと思います。
息子が25年前に倒れてからあっという間の人生でした。
戦争が起きない日本だからこそこうやって私達が幸せに働くことが出来るんです。
本当にありがたい事です。
私達の命があるのは何が何でも生き残ってくださったご先祖様がいらっしゃるから
こうやって命のバトンを繋いでいけるのですよね。
本当にありがたい事です。

右も左もわからず、必死に時代の流れについていって薬剤師という人生を送ってきました。
私は何もしていないんですよ。
学会に何かを出したわけでもなく、地区の薬剤師会で役職を何かやっていたわけでもありません。
ただ、ただ、目の前のお客様に笑顔になってもらいたい一心でずっとこのお仕事を続けてきました。

関わった人が笑顔になれる。そして自分の薬局を好きになってもらえる。
こんなに喜ばしい事はないと思います。

来年は東京でオリンピックがあります。
記録というのはいつも更新されていくものです。
おそらく沢山の方がたくさんの記録を作られるのではないかと思います。
私のこの記録も同じです。
私以上に頑張っておられる方はたくさんいます。
沢山の薬剤師にこれからの光が当たることを私は切に願っております。

このような大層な認定を頂けたことを糧にこれからの薬剤師人生を
皆様に負けないように頑張ってまいります。

                          比留間榮子

ギネス記録に挑戦した理由

201903hiruma_02.jpg

私達、ヒルマ薬局がギネス記録に挑戦した理由それには3つの想いがありました。

1つ目は 「薬剤師という仕事の価値を社会に広めていきたい」という思いです。
私は毎日現場で榮子先生からお客様に対する接客の姿勢をたくさん学ばせていただいています。
この記録からご高齢の方へのやる気につなげたい。
ヒルマ薬局とご縁があり、いらしてくださるお客様にもっともっと元気になってもらいたい!
そんな思いがありました。
みんな薬局に来るというんです。
「もうね楽しみなんかないんですよ。病気ばっか増えていってね」
「一人でいても寂しくてね。歳ばっかくっちゃって」
「俺なんてもうどうなってもいいんだよ」って。

でも、皆さん榮子先生とお話して
「私も先生見習ってまだまだがんばらなっくちゃ」
「またお互い元気で来月逢いましょうね」
って皆さんの心にプラスの変化が生まれるんです。

榮子先生に出会って皆さんの心に少しだけ「やる気」が生まれるんです。
この少しの「やる気」が大事なんです。
一気に変わろうとすると「私には無理」って終わってしまいます。
この少しのやる気を定期的に薬局に訪れる事で長続きさせるのが
榮子先生の素晴らしいところなのです。

薬局からでたらお薬は患者さん本人の意思で飲まなければなりません。
その「やる気」を引き出し、日常生活の中に「服薬」という行為を
しっかりと植え付けさせることが薬剤師の医療であると榮子先生は
おっしゃっています。

なにか特別な事をしてきたわけじゃない。
ただ目の前のお客様のお話を親身になってずっと聞いてきただけです。
でもその姿勢がたくさんのお客様の心の勇気になっていっています。
こんな毎日の姿を通して、薬剤師の仕事がどれだけお客様の心に寄り添う仕事なのかを
世の中に伝えていきたいと私は決意しました。

ネットやテレビで流れてくる薬関係のニュースはネガティブなものばかり。
それでは本当の薬剤師の想いは伝えられていないのではないか?
こんなにも素晴らしい薬剤師の先生方がいるのになんてもったいない!!

夢を持つこと・あきらめないことの大切さ

2つ目は 私の大好きな「安室奈美恵さんから学んだ夢は必ずかなうんだ」という思いです。
夢を叶える瞬間をみんなと共有したいという思いです。
夢を叶える喜びをみんなで感じたい。そう思っていました。
夢は叶えるものだと。
私の大好きな安室奈美恵さんも歌ってます。
叶うのではなく自ら動き叶えるのだと!

このギネス記録も一度はあきらめていました。
登録に膨大な費用がかかるって・・・

でも、夢を叶えるやり方は無限にあると、この夢を叶えようとすることによって
教えてもらいました。
膨大な費用がかかるなら寄付を募ってみたら?
そんなひょんな一言のアイデアからこの夢を叶えることが出来ました。
だからこそ夢はあきらめずに追い続けることが大事。

支えてくれる家族に感謝

そして3つ目は
家族のありがたさです。
大切な人との時間を大切にしたい。そう改めて気付かせてくれました。

榮子先生が95歳まで大きな病気もなく元気でいてくださることは
本当に奇跡的な事でもあるんだなって。
そしてそれを一緒に迎えることが出来る自分たちもすごい奇跡なんだなって。

榮子先生には
「こんな目立ったことしなくていいの。私は静かに生活していたい」
って何度も言われました。

でも最近すごく感じていることがあります。
昔あんなに色々集まっていたのに
親戚付き合いが薄くなってきてしまっていないかって。

集まると言えば誰かが亡くなった時くらいじゃないでしょうか。。。

いつも喧嘩ばっかしちゃうけど
大好きなおばあちゃんだからこそ
大好きな人たちと楽しい時間を作りたい!!
後悔したくない。

正直、榮子先生が後何年生きられるかは解りません。
95歳って本当にすごい事だと思います。
だからこそ、明日何が起こるかわからないからこそ
この時間を大切にしたいと。
それ以上に榮子先生が大好きです。

「やる気」と「夢」と「家族への想い」を大切にするために
この記録に挑みました。

皆さんで薬剤師の世界をもっと輝いた世界にしていきませんか?
どんなことでも続けていれば何かいいことがあります。
諦めずに前を見て一緒に作り上げていきましょう。

201903hiruma_03.jpg