トップページ >  > 2019年度日本薬学会教育賞受賞候補者の推薦について

2019年度日本薬学会教育賞受賞候補者の推薦について

 日本薬学会では,例年のとおり,以下の推薦要領にて,会員から教育賞受賞候補者の推薦を募集いたします.推薦者および受賞候補者とも本学会会員に限ります.

1. 賞の名称 日本薬学会教育賞 The Pharmaceutical Society of Japan Award for Educational Service

2. 授賞対象者 現在まで5年以上継続して本学会会員(2014年度以前より会員であること)で,全国あるいは地域レベルでの薬学教育に多大に貢献し,その進歩発展に特に功績のあった者.
(1)薬学教育全般 (2)生涯教育 (3)国際交流 (4)普及啓発(著書,講演,学際交流等)
なお、教育賞の受賞者は,原則として受賞年度内に受賞記念総説を執筆し,本学会発行の学術誌において発表しなければならない.
また,受賞年度に開催する年会において受賞講演を行う.

3. 授賞件数 2件以内

4. 推薦締切日 2018年8月20日(月)必着

5. 教育賞選考委員会 2018年10月15日(月)予定
推薦者もしくは推薦者の指名する者(本学会会員に限る)から候補者の紹介を聴取する.

6. 受賞者の決定・公表 第5回理事会(2018年11月開催)において決定のうえ,11月末に公表予定.

7. 授賞式 2019年3月20日(水)

8. 正賞・副賞 表彰楯,副賞

9. 推薦書等の提出 書式は本学会ホームページ(http://www.pharm.or.jp/prize/gakkaisyo1.shtml)よりダウンロードし,必ず本年度のものを用いて下さい(過年度の書式を用いた推薦は無効です.「記載要領」を確認の上作成し,必ず片面印刷として下さい).
・ 推薦書 正副 各1部
  (別途、推薦書の電子データ(Word)をgakuji@pharm.or.jpまでE-mailにてお送り下さい.)
・ 推薦理由書(4,000字以内) 正副 各1部
・ 受領通知返信用封筒(推薦者宛 宛名明記,82円切手貼付).

10. 推薦書等の提出先 公益社団法人日本薬学会 学術課 学術事業担当
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-15  Tel 03-3406-3324 E-mail:gakuji@pharm.or.jp

   推薦書はこちらから   推薦書 Word  

≪参考≫ 2013年度以降の教育賞受賞者
2013年度 貴志 豊和(瀋陽薬大・客員教授 / 吟爾濱医大・客員教授) 「中国における薬学教育の継続実践による国際交流への貢献」
2014年度 鈴木 國夫(公財万有生命科学振興国際交流財団・理事) 「薬学分野におけるシンポジウム活動を通じた学術振興と若手人財育成」
2015年度 該当者なし
2016年度 吉冨 博則(福山大薬・教授) 「実務実習を中心とした薬剤師養成教育への貢献」
2017年度 該当者なし
2018年度 赤池 昭紀(和歌山県医大・客員教授) 「6年制および4年制薬学教育改革推進への貢献」