日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

triplet_state_molecular_oxygen

 

triplet oxygen、三重項酸素

生命維持に必要な酸素分子は基底状態で三重項酸素と呼ばれ、3O2で表される。これは酸素分子の分子軌道に2つ存在するπ*軌道(反結合性のπ軌道)に、1つずつ、かつスピンの向きを同じにして電子が入っており、全スピン量子数が1の状態である。軌道に電子が単独で存在する状態はフリーラジカルであり、それゆえ三重項酸素は2つの不対電子を有するビラジカルである。しかし、三重項分子は一般的に一重項である有機化合物(生体分子を含む)と反応しない。三重項酸素は呼吸鎖電子伝達系において4電子還元され2分子の水に変換される。この際に生じるエネルギーを利用してADPからATPを合成して生体(好気的生物)はエネルギー源とする。(2006.1.20 掲載) 削除された行 生命維持に必要な酸素分子は基底状態で三重項酸素と呼ばれ、3O2で表される。これは酸素分子の分子軌道に2つ存在するπ*軌道(反結合性のπ軌道)に、1つずつ、かつスピンの向きを同じにして電子が入っており、全スピン量子数が1の状態である。軌道に電子が単独で存在する状態はフリーラジカルであり、それゆえ三重項酸素は2つの不対電子を有するビラジカルである。しかし、三重項分子は一般的に一重項である有機化合物(生体分子を含む)と反応しない。三重項酸素は呼吸鎖電子伝達系において4電子還元され2分子の水に変換される。この際に生じるエネルギーを利用してADPからATPを合成して生体(好気的生物)はエネルギー源とする。


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan