日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

reversed_phase_chromatography

 

逆相分配クロマトグラフィー

順相吸着クロマトグラフィーとは逆に一般に極性の高い化合物から溶出してくる.逆相分配クロマトグラフィーは,現在最も広く用いられている分離系であり,固定相としてアルキル基が化学結合したシリカゲルが多用されている. 中でも,炭素数が18(ODS)や8のものがよく用いられている。移動相としては,水や緩衝液,メタノールやアセトニトリルなどの水と均一に混和する有機溶媒,およびこれらの混合溶媒が用いられが,有機溶媒含量が高いほど溶出時間は短くなる. (2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan