日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

purine

 

プリン、1H-purine

融点217℃の芳香族複素環式化合物DNARNAに含まれるアデニン、グアニンの基本骨格となっている。アデニン、グアニンはシトシン、チミン、ウラシルとともに核酸塩基とも言われ、遺伝情報を担っている。プリン骨格を有する医薬品としては抗がん剤の6-メルカプトプリン、抗エイズ薬のジダノシンなどがある。痛風の原因物質である尿酸プリン骨格を有している。尿酸の血中濃度が上がり難溶性の尿酸ナトリウムが関節などに析出することが痛風の原因である。

(2007.3.23 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan