日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

imidazole

 

イミダゾール1,3-ジアゾール、1,3-diazole

融点91℃、沸点257℃の芳香族複素環式化合物ピロールと異なり塩基性を有するが、酸としても機能できる。イミダゾール構造を含むものとしては生体成分ではアミノ酸のヒスチジンや、神経伝達物質のヒスタミンなどがある。プリンの部分構造ともとらえられる。イミダゾールを有する医薬品としては抗ヒスタミン薬のシメチジン、抗真菌薬のエコナゾール、ミコナゾールなどがある。

(2007.3.23 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan