日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

fold-change

 

 マイクロアレイによる遺伝子発現解析では,一般的に対照となるコントロールのシグナル値(蛍光強度)で測定対象のシグナル値を割った相対比をfold-change (倍率変化)として評価に用いる.  fold-changeは処置群とコントロール群のアレイのシグナル値を比較する場合が多く,例えば遺伝子Aのコントロールのシグナル値が50で処置群のサンプルは100とすると遺伝子Aはコントロールより2倍発現が上昇していることを示す.  また,fold-changeは対数で表される場合があり,真数で2倍のfold-changeは底が2の対数では1になり,真数で0.5倍のfold-changeは底が10の対数では-0.301となる.(2017.08.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan