日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

WHO方式がん疼痛治療法

 

 1986年に第1版, 1996年に第2版が出版, 世界各国語に翻訳され,がん患者を激痛から解放することに貢献している. 詳細な問診, 診療, 画像診断と患者の心理的, 社会的及びスピリチェアルな側面への配慮, また痛みの原因, 部位, 症状の十分な把握, さらに症状や病態に応じた治療の選択と段階的な治療目標の設定, 臨床薬理学に基づいた鎮痛薬, 鎮痛補助薬の5原則などから構成された治療戦略. 各国の臨床研究で80%以上の除痛率が得られている. 鏡痛薬は「WHO 3段階除痛ラダー」に沿って選択する. すなわちNSAIDsまたはアセトアミノフェンで開始し, 効果不十分となったらオピオイドを併用し, 痛みによっては鎮痛補助薬を加えていく. 詳細は「がんの痛みからの解放一第2版」金原出版,東京,1996年.[FYI用語解説(ファルマシアVol.41,No.3)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan