日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

SLE

 

systemic lupus erythematosus、全身性エリテマトーデス

膠原病の中の代表的疾患であり、若い女性に多く、再発・寛解をくり返す全身性(特に関節、腎臓、粘膜、血管壁)に起こる慢性の炎症性疾患である。多種類の自己抗体とくに抗核抗体が検出される特徴があり、難病の代表的な疾患の一つである。多くの臓器が障害されるので、臨床像は多彩であり、症状には、発熱、皮膚症状(顔面の蝶形紅斑、日光過敏)、関節症状(多発性関節炎)、腎症状(蛋白尿、血尿、円柱尿、ネフローゼ症候群)、精神神経症状(錯乱、幻覚、妄想、抑うつ)、呼吸器症状(胸膜炎、びまん性間質性肺炎)、心症状(心外膜炎、心内膜炎、冠動脈病変)、眼底変化(網膜の円形白斑)がある。治療薬には副腎皮質ステロイド薬(プレドニゾロン)、免疫抑制薬(アザチオプリンシクロスポリン)などがある。(2006.10.4 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan