日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

PBL

 

problem based learning

 PBLは30年ほど前にカナダで始められた授業形態であり,日本では「問題基盤型学習」や「問題解決型学習」と呼ばれている.従来の日本の教育は主に知識の習得に重点が置かれていたが,現在,問題を自らで見つけ出し,自らの知識を使ってそれを解決する力が求められている.そのために,知識を整理して問題が何であるかを把握し,その問題に即した解決法を自ら考え出す力を養成する学習方法がPBLである.医療,工学など,実践の場での問題解決が職業的スキルとして重要視される分野で採用されていることが多い.同じ略語としてproject based learningと呼ばれているものがあり,こちらは「プロジェクト基盤型学習」として定義され,異なるものである.(2012.5.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan