日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

OSCE

 

objective structured clinical examination

 薬学共用試験OSCE,オスキー)は,薬学生の臨床能力,すなわち技能や態度,コミュニケーション能力を客観的に評価するための実技試験であり,到達目標(SBO)に基づく 5領域6課題を決められた時間内で実施する.臨床現場を模した各課題を行う場所はステーションと呼ばれる.患者・来局者対応では,模擬患者(SP)を要する.各課題に対し受験生は2名の評価者による評価を受ける.評価者は,評価項目に従って評価を行う.評価基準に基づく個々の項目の評価は,細目評価と呼ばれる.このほか,全体の流れや円滑さに関して概略評価がなされる.6ステーションすべてを通して難易度が揃うように,課題が選択されている.(2010.12.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan