日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

MS/MSとMS3

 

 質量分析において,三連四重極型等のタンデム型の機器では,最初の質量分析で特定の前駆体イオンを選んで開裂させ,そこから生じるフラグメント(プロダクト)イオンを得ることができる.この手法をMSMSという.イオントラップ型の場合には,最初に得た特定のプロダクトイオンを選んで,さらに次の段階のプロダクトイオンを得ることができる.これをMS3という.得られたフラグメントイオンの強度が高ければ,MSnとして次々とこれを続けることも可能である.(2012.10.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan