日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

MIXTUREモデル

 

 複数の確率モデルを組み合わせることによってより複雑な分布形を表現できるようにした確率モデルのことである.集団の薬物/薬効動態のモデル化を行う際には,現象の発生に関わる因子が非常に多いこと,母集団が均一でないことなどから,単一のモデルではその挙動を記述しきれない場合がある.MIXTUREモデルを適用することで,薬剤応答の異なる複数の部分集団を仮定し,各被験者をそれら部分集団に分類することが可能となる.データまたはモデル依存的な分類であるため,結果の解釈は慎重に行う必要があるが,複雑な現象をモデルとして記述するうえで非常に汎用性の高い手法である.(2018.05.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan