日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

H2拮抗薬

 

H2-receptor antagonist

 胃壁細胞ヒスタミンに拮抗して胃酸分泌を抑制する、抗消化性潰瘍薬。ヒスタミンにはH1、H2、H3、H4の受容体サブタイプが存在し、H2受容体は壁細胞、子宮、心臓に存在する。シメチジン、ラニチジン、ファモチジン、ニザチジンがある。H2拮抗薬は、ヒスタミンだけでなく、ガストリン、アセチルコリンによる胃酸分泌も抑制する。副作用は少ない。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan