日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

ESR

 

電子スピン共鳴、electron spin resonance

電子スピン共鳴ESR)法は,電子スピン(不対電子に由来する)によるマイクロ波の吸収を利用した分光法であり,遷移金属イオンやラジカルの検出と、ラジカルの状態を調べるための有力な測定手段である.生体内ラジカルの測定も可能となっている.

ESRは日本薬学会発行の4論文誌でスペルアウト不要の略語である。(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan