日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

Bq

 

ベクレル、Becquerel

放射能の強さを表す単位をベクレルといい、Bqと表記される。ウランの放射能を発見したフランスの物理学者アンリ・ベクレルにちなんで命名された。ベクレルとは、1秒間に崩壊(壊変)する原子核の数で表され、SI基本単位ではs-1と定義される。かつてラジウム1 gの放射能の強さを表すキュリー(Ci)という単位が用いられていたことがあり、1 Ciは3.7 x 1010 Bqに相当する。放射能の強さは、放射性核種の半減期と数で決まる。例えば、ヒト体内に含まれるカリウムの放射能(A)は、下記の計算式を解くことにより約5.5 kBqと算出することができる。この際、体重60 kgのヒトに0.3重量%のカリウムが含まれ、カリウム40の天然存在比は0.012%、カリウム40の半減期は1.3 x 109年とする。A = (0.693/1.3 x 109 x 365 x 24 x 60 x 60) x (6.02 x 1023 x 60 x 103 x 0.3 x 10-2 x 1.2 x 10-4/40) (Bq) (2007.3.15 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan