日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

2-ナフチルアミン

 

β-ナフチルアミン、2-naphthylamine、β-naphthylamine

ナフタレンの2位(β位)にアミノ基が結合した芳香族アミン。分子量143,融点112度の無色(淡赤色)固体。発がん性(主に膀胱癌)が高いため製造、販売などは厳しく制限されている。この2-ナフチルアミンは体の中で酸化、抱合化を受けた後に遺伝子と結合し発がん性を示す。(2006.10.5 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan