日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

黄疸

 

jaundice

 黄疸とはビリルビンが何らかの原因で血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着した状態をいう。黄疸は、通常は肝炎や肝硬変などの肝臓の病気がある場合、胆汁の排泄経路である胆管系に異常がある場合や、赤血球が破壊された(溶血)場合にも出現する。黄疸があるかどうかの判断は、通常、眼球結膜(眼球の白い部分)をみて行う。一般に、病的な黄疸をみる場合には、全身の倦怠・疲労感、皮膚のかゆみ(掻痒)、感冒様症状、 発熱、尿の色が濃くなる、などの他の症状を伴う。(2005.10.25 掲載) (2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan