日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

麻黄剤

 

まおうざい、Ephedra Herb drug group

漢方処方の分類で、「麻黄(まおう)」を主薬とする処方群を麻黄剤という。麻黄の薬効は発汗、解熱、止、利尿、鎮痛などであるが、組み合わせる生薬により引き出される薬能は変わってくる。桂皮(けいひ)との配合では発汗、杏仁(きょうにん)や石膏(せっこう)との配合では鎮、朮(じゅつ)や薏苡仁(よくいにん)との配合では利湿止痛が強調される。すなわち麻黄湯は体力が充実した人の風邪の初期で、発汗を促し、節々の痛みの緩和、解熱、鎮に用い、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)は喘息の発作が甚だしい人に用いる。麻杏薏甘湯(まきょうよっかんとう)はリウマチや神経痛に用い、葛根湯は比較的体力の充実した人の風邪の初期で、発汗を促し、首・肩の緊張の緩和、解熱、鎮痛に用いる。小青竜湯(しょうせいりゅうとう)はくしゃみ、鼻水などを伴う初期の風邪のほか、花粉症や鼻アレルギーなどに用い、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)は主に虚弱な高齢者の風邪で、悪寒や寒気が強い場合に用いる。

(2007.10.11 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan