日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

高血圧治療薬

 

antihypertensive drugs、hypotensive drugs

正常範囲以上の血圧が持続する高血圧症で、血圧を低下させる薬物。血圧を規定する心拍出量、末梢血管抵抗、循環血液量、血液粘稠度、動脈の弾力などの諸因子に作用して降圧効果をもたらす。血管平滑筋のCa取り込みを抑制して血管を拡張するカルシウム拮抗薬Ca拮抗薬;ジルチアゼム、ニフェジピン、ニカルジピン、アムロジピン)、昇圧物質であるアンギオテンシンIIの産生を抑制するアンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(カプトプリル、イミダプリル、エナラプリル)、アンギオテンシンII受容体拮抗薬(ロサルタン、カンデサルタンレキセチル、バルサルタン)、Na+及び水利尿により循環血液量を減少させる利尿薬(ヒドロクロロチアジド、フロセミド、スピロノラクトン)、交感神経抑制薬(クロニジン)、β遮断薬(プロプラノロール、アセプトロール)、αβ遮断薬(ラベタロール)、α遮断薬(プラゾシン、ドキサゾシン)、血管拡張薬(ヒドララジン)などがある。(2005.12.15 掲載) (2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan