日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

風邪

 

漢方医学における六淫(りくいん、外部からの疾病の原因)の1つで、現代のカゼは風邪(ふうじゃ)の範疇である。1. 体表部で悪風、発熱し、上部で頭痛、鼻水、鼻づまり、喉の痛みを起こす、2. 患部は遊走性のために固定せず、症状が出たり消えたりする、3. 風寒、風湿、風熱など、ほかの病邪と合併しやすい、4. 体が震えたり、痙攣、麻痺を起こしやすい、などの特徴がある。 (2008.4.14 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan