日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

順相吸着クロマトグラフィー

 

normal phase chromatography

一般に極性の低い化合物から溶出してくるクロマトグラフィーで、固定相としてシリカゲル,アルミナ,活性炭などが用いられる.シリカゲルは表面のシラノール基が水素結合能をもっているため,これに物質の極性基が水素結合を介して吸着する.この水素結合を移動相中の有機溶媒が競合することにより物質をシリカゲルから脱離させカラムから溶出させる.溶出溶媒の極性が高いほど溶出時間は短くなる.(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan