日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

電離放射線

 

ionizing radiation

高速度で運動している粒子線あるいは電磁波を総称して放射線といい,なかでも物質と相互作用してイオン化すなわち電離現象を起すことのできる放射線を電離放射線という.通常、電離放射線のことを指して放射線と考える場合が多い.電離放射線放射性同位元素の壊変に伴って放出される場合と,加速器などを用いて人工的に放出される場合がある.電離放射線には,α線,β線,電子線,陽子線,そのほかの重粒子線などの荷電粒子と,電磁波が光子がとして伝播するX線,γ線ならびに中性子線がある.電離放射線は (1)一時的電気伝導の付与,(2)放電の誘発,(3)発光作用(一般にこの光をシンチレーションという),(4)放射線損傷,(5)化学作用としての写真作用と高分子の重合作用,(6)生物作用などの作用をもつ。核酸やタンパク質の標識、診断薬、放射線療法などに利用される。(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan