日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

量子ドット

 

 量子ドットは半導体の結晶をコアとしており,発する蛍光波長は半導体材料や粒径(結晶数)によって決定される.よく利用される材料はCdSe?であるが,同じ材料でも粒径を1〜10nmと変えることでバンドギャップが変化し,青から赤に蛍光波長が変化する.市販製品は蛍光特性の改善のためにZnSシェルでコートされ,さらに他分子との結合用にアミノ基やカルボキシル基がPEGなどのポリマーコーティングを介して表面に提示されており,粒径が10〜20nm程度となっている.1粒子の量子ドットは,1分子の有機系蛍光分子と比べ,数十倍以上の蛍光強度,数百倍以上の耐光性,励起波長の多様性などの光学特色を持つ.(2018.01.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan