日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

配位結合

 

coordinate bond

共有結合は,結合しているそれぞれの原子から1個ずつ電子を供出し,それらを介して二つの原子核が結合する.これに対し配位結合は一方の原子から2個の電子を供出する場合をいう.NH3とBF3の結合を例に考える.NH3のN原子はsp3混成軌道をとり孤立電子対はsp3混成軌道の中にある.BF3はsp2混成軌道をとり三つのFと結合するが、2p軌道が1個残りその中には電子が入っていない. NH3の孤立電子対の2個の電子が,BF3の空の2p軌道に入り配位結合を形成する.電子の入っていない(空の)原子軌道と,孤立電子対との間の結合である.有機化合物ではN-オキシド結合などが配位結合である。(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan