日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

逆薬理学的手法

 

Reverse Pharmacology

 生理活性物質の探索研究において,従来の手法では,まず特定の標的細胞や個体に対して作用する生理活性物質を発見し,その作用機序を解明する過程で受容体が同定されるという手順であった.しかしながら全ゲノム情報が解読され,結合する生理活性物質が不明な受容体の存在が明らかとなったことにより,まず受容体を同定し,その受容体に作用する生理活性物質を発見するといった,従来とは全く逆方向の研究手法が用いられるようになった.この手法が逆薬理学的手法,reverse pharmacologyと呼ばれている.(2014.09.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan