日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

証(しょう)

 

Sho

患者が現時点で現している症状を陰陽, 虚実, 気血水, 寒熱, 表裏, 五臓, 六病位などの基本概念を通して認識し, さらに病体の特異性を示す症候をとらえた結果を総合して得られる診断であり, 治療の指示である. そして, 証に従って治療することを随証治療という. (2006.6.22 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan