日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

診断群分類

 

Diagnosis Procedure Combination(DPC)

 本来は患者分類としての診断群分類を意味する.2003年より,特定機能病院を対象として,DPCをベースとした入院1日当たりの定額報酬算定制度が本格的に導入され,以降,対象病院は段階的に拡大され,2014年現在,全病床数の半数強に当たる約49万床をカバーしている.導入当初は,支払制度の意味も含めて DPC制度という呼称を使用したが,支払制度を含むか否かを区別すべきという指摘があり,2010年以降,支払制度としてのDPC制度に対しては,DPC/PDPSを使用するようになった.ちなみに,PDPSはPer-Diem Payment Systemの略である.(2015.12.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan