日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

術後補助化学療法

 

 手術でがんを完全に切除できたと思われる場合でも,体内に目には見えない微小ながんが残っている可能性があり,これが再発の原因になっていると考えられている.このような微小残存をできるだけ減らして再発を予防するために,手術の後に抗がん剤を投与する治療のことをいう.がん種や病期により,投与する薬剤や治療期間などが異なる. (2014.01.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan