日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

血漿分画製剤

 

血液中に含まれている血漿(プラズマ)を分画・精製し、特に重要なタンパク質を、物理化学的に成分ごとに分けて精製した製剤の総称である。血漿分画製剤は、特定生物由来製品に指定されている。血漿分画製剤は、アルブミン製剤、免疫グロブリン製剤、血液凝固因子製剤、アンチトロビンⅢ製剤、フィブリン糊製剤などに大別され、ほかに代替品のない重篤な疾患に使用される場合が多い。適正な保管管理および適正使用に関する情報提供が重要である。 血漿分画製剤原料である血液の大部分は、献血によって供されるため、「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律」(血液新法)により、国内自給と安定供給、適正使用について施策が講じられている。特に外来性感染因子に関連する安全性の確保が求められる。(2006.10.24 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan