日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

薬物レセプター

 

drug receptor

 薬物に対して親和性が高く、薬物と結合することにより作用発現をもたらす生体高分子。神経伝達物質やホルモンなどの生理活性物質が結合し各種の生理機能を果たしている場合、狭義の受容体を想定しているが、その他の重要な薬物標的タンパク質である酵素、イオンチャネルや輸送体(トランスポーター)も広義の受容体と呼ぶこともある。ある受容体と結合し効果を表す薬物を作動薬(アゴニスト)と呼ぶ。作動薬が狭義の受容体に結合することにより、細胞の反応を生じさせるまでのプロセスを細胞情報伝達機構と呼ぶ。一般に横軸に用量(対数)、縦軸に反応の大きさをプロットするとシグモイド(S字状)曲線が得られる(用量作用曲線あるいは用量反応曲線)。代表的な薬物受容体としてアセチルコリン受容体アドレナリン受容体ヒスタミン受容体、セロトニン受容体、ドパミン受容体、GABA受容体オピオイド受容体アンギオテンシン2受容体(アンギオテンシンII受容体)、エンドセリン受容体プロスタグランジン受容体などがある。これらの受容体にはまた多くのサブタイプが知られている。(2005.10.25 掲載) (2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan