日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

薬剤管理指導業務

 

薬剤管理指導業務は入院患者の薬歴管理と服薬指導を介して患者の薬物療法への認識を向上させ,また患者から得られた情報を医師にフィードバックすることにより薬物療法を支援する業務である.

薬剤管理指導業務により,薬剤師は医療チームの一員として臨床でその専門性を発揮することが可能になった.薬歴管理と服薬指導から個々の患者の薬物療法上の問題点を発見し,その解決に向けて努力する,このこと自体が医薬品適正使用の推進そのものである.その際問題解決にあたっては,それまでの経験や勘に頼るのではなく,科学的・客観的な観点から行うことが大切である.こうした“EBM(evidence-based medicine 根拠に基づく医療)”の考え方は,よりよい医療を提供するために重要である.(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan