日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

舌下錠

 

sublingual tablet

舌下に入れ,急速に薬物を口腔粘膜から吸収させる錠剤。狭心症発作時に用いるニトログリセリン錠などがある。速やかな効果をもたらすため,崩壊時間は2分以内と通常の錠剤の30分以内に比べ短時間に設定されている。舌下粘膜からの吸収は早く,また,肝初回通過効果を受けずに全身血流に薬物が到達する。飲み込むと,作用の発現が遅れたり,肝初回通過効果のため無効になったりする。(2009.9.29 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan