日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

脂質異常症

 

Dyslipidemia

 血液中の脂質の値が異常に高いあるいは低い状態(高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症,高トリグリセライド血症)の総称.血中脂質にはHDL-コレステロール(HDL-C),LDL-コレステロール(LDL-C),リン脂質,中性脂肪(トリアシルグリセロール),遊離脂肪酸などがある.2007年の「動脈硬化性疾患ガイドライン」で「高脂血症」を「脂質異常症」に置き換える方針が出された。従来は総コレステロール値が、予防・診断の基準となっていたが、これに代わり、LDL-コレステロールが140 mg/dl以上を高LDLコレステロール血症、HDL-コレステロールが40mg/dl未満を低HDLコレステロール血症,トリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dl以上を高トリグリセライド血症(高中性脂肪血症)と診断する.

 遺伝による家族性脂質異常症のほか,飽和脂肪やコレステロールが多い食事、糖尿病肥満,運動不足,過量の飲酒、甲状腺機能異常、腎臓病,などが原因であり,生活習慣病の一つである.ほとんどの場合は自覚症状がないが,脂質異常症が続くと動脈硬化、心筋梗塞の発症が高まり、主要な危険因子である.治療の目的はアテローム性動脈硬化の発症を抑制し、冠動脈疾患と心筋梗塞の可能性を低下させることである.

 治療には減量、脂肪やコレステロールの摂取量を減らす食事療法、運動量の増加、そして薬物療法がある.薬物では胆汁酸陰イオン交換樹脂(コレスチラミン、コレスポール)、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)、ニコチン酸(ナイアシン)、フィブラート(クロフィブラート)が使用される.胆汁酸陰イオン交換樹脂は特に食事療法と併用した場合LDLを効果的に下げる.HMG-CoA還元酵素阻害薬はLDLレベルを著しく低下させる.シクロスポリンクロフィブラート、あるいはナイアシンとの併用により筋炎と横紋筋融解症の副作用が増加するとされている.(2009.11.6 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan