日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

結晶多形

 

結晶多形とは,同一分子でありながら結晶中での分子の配列の仕方が異なるものをいう.固体医薬品の中で結晶多形が重要なのは,それぞれの結晶多形間で溶解性,バイオアベイラビリティー,安定性が異なるためである.結晶多形が生じる理由は,溶液から結晶が析出する段階でエネルギー状態の異なった状態で結晶化するためである. (2006.6.22 掲載) [FYI用語解説(ファルマシアVol.42,No.4)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan