日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

経口免疫

 

oral immunity

経口的に抗原を投与する方法を指し,粘膜への免疫法(粘膜免疫)の1種である。(経口生ワクチンは終了)IgG を中心とする血清型の免疫応答を誘導する全身系免疫に村して、経口(粘膜)免疫は血清IgG 産生とともに、粘膜固有層(消化管,上気道,泌尿生殖器)や腺組織(涙腺,唾液腺,乳腺)において分泌型IgA の産生を惹起する。ほとんどの微生物は粘膜面を介して付着・侵入することから、感染の最前線において重要な役割を果たしている分泌型IgA を誘導できる粘膜免疫は注目されている。(2014.7.更新) [FYI用語解説(ファルマシアVol.39,No.6)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan