日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

組換え医薬品

 

biotechnology product

生体内ではホルモン、酵素,サイトカイン,血液凝固因子のようなペプチドやタンパク質が重要な役割を担っている。これらを組換えDNA技術を応用して製造して有効成分とする医薬品を組換え医薬品という.体内に存在するものと同じペプチドやタンパク質を医薬品とする場合と,ワクチンやモノクローナル抗体のように生体反応を制御するために産生されたタンパク質を医薬品とする場合がある.また,組換え医薬品では,組換えDNA技術を用いたアミノ酸残基の置換などにより,作用の持続性や作用の特異性などの点で,体内にもともとあるものを医薬品としてより望ましい性質をもつものに改変していくことが可能である.(2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan