日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

細胞膜透過ペプチド

 

cell-penetrating peptides:CPPs

 1988年にHIV-1ウイルス由来のTransactivator of transcription(Tat)proteinが細胞膜を通過し,細胞質内に移行することが報告されて以来,同様の作用を有するペプチドが複数見いだされ,細胞膜透過ペプチド(CPPs)と総称されている.CPPsはタンパク質など目的物質に結合させることにより,それらを効率的に細胞内に移行させることが可能で,現在では細胞内送達ベクターあるいは吸収促進ツールとしても汎用されている.代表的なCPPsとしてアルギニンなどのカチオン性のアミノ酸に富むペプチドやカチオン性および疎水性アミノ酸を含む両親媒性のペプチドが知られている.(2016.11.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan