日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

細胞接着と接着分子

 

細胞接着は、細胞細胞外基質との接着(細胞―基質間接着)と細胞同士の細胞間接着に分けられる。細胞表面に発現し、細胞と基質、細胞細胞をつなぐタンパク質が接着分子である。接着分子のうち、インテグリンは主に細胞―基質間接着に関与し、カドヘリンや免疫グロブリンファミリー分子は細胞間接着に関与する。多くの接着分子は細胞内ドメインで細胞骨格と連結することで接着構造を安定化し、細胞の形態を維持している。また一部の接着分子は、接着を介して細胞極性・増殖・分化などのシグナルを細胞内に伝えるシグナル伝達分子として機能する。(2007.3.22 掲載)(2014.7.更新)[FYI用語解説(ファルマシアVol.42,No.8)より転載]


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan