日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

糖尿病性腎症

 

diabetic nephropathy

 糖尿病の長期高血糖状態により、腎臓糸球体の毛細血管障害によりおこる腎機能低下。初期の微量アルブミン尿に始まりネフローゼ症候群に至るタンパク尿、腎機能障害、高血圧浮腫などから腎不全に至る。糖尿病性神経障害糖尿病性網膜症とともに糖尿病の3大合併症のひとつである。治療としては、糖尿病の早期発見・血糖のコントロールのほか、腎症の進行に伴い降圧療法、タンパク質制限、低タンパク食などをおこなう。進行すると、腎不全から尿毒症となり透析が必要となる。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan