日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

神経因性膀胱

 

neurogenic bladder

排尿にかかわる神経系の障害によって引きおこされる排尿障害の総称。尿意の消失、排尿困難、頻尿、尿失禁などがおもな症状であり、原因疾患は、脳血管障害や脳腫瘍、パーキンソン病、脊髄損傷や椎間板ヘルニアなどの中枢性疾患と、糖尿病や直腸がんなど骨盤内手術後の末梢性疾患などがある。膀胱平滑筋(排尿筋)の過緊張による蓄尿障害の治療薬として、抗コリン薬(オキシブチニン、プロピベリン)がある。(2006.2.8 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan