日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

硝酸薬

 

organic nitrates

 ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど血管平滑筋弛緩作用をおこす狭心症治療薬。細胞内で一酸化窒素(NO)を発生し、グアニル酸シクラーゼを活性化することによりサイクリックGMPの産生を増大させ、細胞内Ca2+濃度を減少させる。その結果、心筋に血液を供給する冠血管をはじめ、動脈、静脈系の血管を弛緩させる。静脈血管系の拡張による心臓への静脈環流量減少(前負荷の軽減)により、心臓の仕事量が減少する。副作用として頭痛めまい、悪心、嘔吐などがある。また耐性が生ずることがある。(2005.12.15 掲載) (2009.8.12 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan