日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

真菌

 

true fungi

真核生物(eukaryotes)に属し、分化した細胞小器官と典型的な核をもつ大型の細胞で、原核生物(prokaryotes)の細菌とは種々の点で大きく異なっている。特有の栄養型(菌糸)発育を行い、特殊な細胞壁多糖および細胞膜ステロールをもつ。多くの菌種は無性生殖のほかに有性生殖を営む。繁殖はさまざまなタイプの無性胞子によりなされている。真菌には明瞭な二重膜(核膜)により細胞質からほぼ完全に仕切られた核が存在する。核内にはDNAと塩基性タンパク質(ヒストン)との複合体からなる複数本の染色体が存在し、微小管系の関与のもとに有糸分裂を行う。細胞質内にはミトコンドリア小胞体、液胞、ゴルジ体、80Sリボソームなどの細胞小器官が観察される。かび、酵母、きのこは真菌の一種である。(2005.10.25 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan