日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

痛風

 

gout

 高尿酸血症が持続した結果、関節の滑膜に尿酸塩が析出・沈着して起こる関節炎。男性(30 - 50歳代に多く(95%以上)、また女性では高齢者に多く認められ、患者数は30-60万人と推定されている。高尿酸血症は男女を問わず血清尿酸値が7.0 mg/dl以上の場合であり、日本人男性の20%に見られる。数年間の無症候性高尿酸血症尿酸値は高いが、何ら症状を認めない状態)を経て痛風急性期となり、痛風発作(痛風性関節炎 gouty arthritis)が発生する。発作は母趾(足の親指)に好発し、安静時や夜間に耐え難い激痛として認められる。一時期歩行困難となるが7-10日で軽快する。さらに高尿酸血症を治療せず放置しておくと痛風慢性期となり、尿路結石、痛風結節(皮下や種々の臓器への尿酸塩血漿の沈着)や痛風腎(間質性腎炎)から尿毒症に至る。治療薬としては、疼痛発作の前兆時にはコルヒチン、疼痛発作時には、非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)の大量投与あるいはステロイド剤を使用する。概ね、発作は2週間以内に消失し、その後高尿酸血症に対する治療をおこなう。(2005.12.15 掲載)(2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan