日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

照射線量

 

dose of radiation、exposure radiation dose

照射線量とは、X線とγ線のみに用いられる放射線量であり、空気を電離する能力すなわち空気中に発生する荷電粒子の量を意味する。直接測定することが可能であり、1989年(平成元年)までは放射線計測量として広く使用されていた。以前はレントゲン(R)という単位が用いられたが、現在は単位質量(kg)あたりに発生するクーロン量(C/㎏)が用いられている。1R = 2.58 X 10-4C/kgに相当する。(2008.2.7 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan