日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

無影響量

 

no-effect level、NOEL

化学物質の毒性試験で、複数の用量段階で動物への毒性を観察したとき、有害/無害を含めた影響が認められない最高の暴露量のこと。通常,動物の反復投与毒性試験,生殖・発生毒性試験などの安全性試験を複数の用量群を用いて行う.被験物質による影響がない量を判定するためには,一定の基準を満たす試験法を用いて行われる必要があり,量- 反応曲線から化学物質の安全域を求めるには,低用量域での反応率0%の物質量を正確に求めることが重要である.しかし,プロビット法やそのほかの方法で変換した直線が低用量でも直線関係が成立するという保証はない.実用的には,直線関係が成り立っていると仮定して,低用量の方向へ外挿して,反応率0の限界値を求めることが行われている.この限界値を最大無作用量,あるいは,閾値といい,無作用量の上限としている.一般にNOAELNOELの関係にある. (2005.10.25 掲載) (2009.1.16 改訂)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan