日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

準安定領域

 

metastable zone width

 過溶解度と溶解度の間の領域を準安定領域と呼ぶ.溶解度以上の溶質が溶けた状態を過飽和と呼ぶが,溶質が過飽和で存在できる濃度には限界があり,この値を過溶解度という.過溶解度は,熱力学的には決定できず,溶液から結晶核が生成しやすい限界濃度を実験的に実測することで入手している.過溶解度以上の状態にすると急速に微結晶(結晶核)が生成して,製品の結晶粒径が細かくなるので,粗大で良質な結晶を得ることができない.したがって,準安定領域は,良質な結晶を安定して得るための目安となる領域であり,工業的に結晶を生産している企業では,準安定領域を意識して晶析操作条件を選定している.(2011.11.FYI)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan