日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

温罨法(おんあんぽう)

 

hot pack, hot application, application of hot

身体の一部に温熱刺激を与える方法。血管を拡張し血流を増加させたり、新陳代謝を活性化させて炎症を消退・鎮静させる作用。また患者の気持ちよさに効果をあげる治療法である。

湿性温罨法(温湿布など)、乾性温罨法(湯たんぽ、カイロ、電気あんか)などがある。(2009.7.13 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan