日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

浸透圧利尿薬

 

尿細管内の浸透圧を高く保つことによって、水の再吸収を抑制し尿量を増加させる薬物。血漿は腎臓の糸球体でろ過され原尿となり、原尿は尿細管を通過する過程でNa+、水の再吸収により、濃縮される。尿細管ではNa+の再吸収に伴い水が受動的に尿細管管腔側から血管側へ移動し、管腔内の浸透圧は保たれる。浸透圧利尿薬は、糸球体でろ過され原尿中に排出されるが、腎尿細管で再吸収されない。そのため管腔内の浸透圧の上昇により、水・Na+の再吸収を抑制して尿量を増加させる。浸透圧利尿薬にはマンニトール、グリセリン、イソソルビドなどがあり、腎不全の予防、脳浮腫・脳圧/眼圧の亢進の治療に適用される。(2007.3.9 掲載)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan