日本薬学会 薬学用語解説 日本薬学会
 参考文献  使い方
当サイトの掲載情報の正確性については万全を期しておりますが、本会は利用者 が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

気血水

 

Ki, Blood, Body Fluids

気血水(きけっすい)とは、人間の生命エネルギーや体の働きを表す漢方特有の概念であり、生体の異常を説明する三つの生理的因子である。「傷寒論」では三陰三陽、虚実とともに、病態をはかるものさしとしている。気とは生命活動を営む根源的なエネルギーで、気血水論では精神面に関する機能的活動を統括する要素である。気の異常には、気が不足した状態の気虚(ききょ)(主な症状は無気力、倦怠感など)、気が偏り滞った状態の気滞(きたい)(焦燥感、憂鬱など)、気が頭部へ逆流し、発作性の症状を示す気逆(きぎゃく)(不眠症、いらいら感など)に分類される。血は気によって巡らされる赤い液体のことで、西洋医学の血液と同等のものである。血の異常には、血が不足した状態の血虚(けっきょ)((貧血、不眠傾向、顔色が悪いなど)、血が滞った状態の瘀血(おけつ)(のぼせ、冷え、頭痛、生理痛など)に分けられる。水は血以外の体液を示し、水の異常には、水の停滞、偏在が起こった状態である水毒(すいどく)(水滞(すいたい))(口渇、むくみ、水太りなど)がある。 (2006.6.22 掲載)(2014.7.更新)


IndexPageへ戻る





Copyright© 2005-2008, The Pharmaceutical Society of Japan